仕事

秋の到来!

Photo
                      [ スペイン / ロンダ橋にて撮影 ]

十月の第一週目ですが、気温は朝夕結構冷え込みますし、日中の気温も快適になってきました。

しかし、秋日が強いので日が窓に差してきますと暑いですね。

仕事の方はぼちぼちですが、ガントチャートシステムの開発がほぼ終わりましたので、稼動に向けての導入準備中です。

システムというものは、運用し出して色々と使い勝手や他の要望が出てくるものです。

それは、開発者と運用者との微妙な立場の違いからくるものです。

開発者は、畢竟、そうした運用者または間接的な利用者の満足度に対して修正、追加、変更を行わなければなりません。

つまり、顧客満足度を高める努力ですね。

さて、システムにおいて今問題となっているのが、Windows7のXPモードの動作保証です。

これについては、販売大臣の場合は、Windows7動作保証をするがXPモードについては、動作保証をしないとなっています。

これは、つまり、保証というより動作検証を行って不具合があればそれに対応しているということでしょう。

よく考えてみると、保証ではないと思います。

ひょっとすると不具合が出てくる可能性もあるかもしれません。

しかし、そうしたトラブルがあればソフトメーカーとして対応しますということですね。

ここで、事例として問題になったのがこの販売大臣に対してのアドオンシステムです。

アドオンシステムは、マイクロソフトの.NETで開発されたものですが、これらのバージョンの関係で実は、Windows7では動作が問題となり、XPモードでの動作保証ということになったのですが、なんと、アドオンシステムを使って販売大臣の得意先単価排出を行おうとすると、最初は良いのですが、時間が経つと通信エラーを起こすのです。

エラーを起こす時間も決まっておらず、原因がまったく不明でした。
エラーメッセージを元にして、この開発元やデル社の方に問合せしても原因がわかりませんでした。

しかし、あることに気付きました。

TCP/IPの固定IPアドレスが、Windows7とXPモードを同じにしていたのです。

どうも、二つのOSにおいては、確かにPC本体はひとつですが、二台の別々のPCが存在しているとした運用でないとこうしたトラブルが起きるようです。

確かに、ウイルスソフトも別々に必要でしたし、OSのアップデートも別々ですね。
しかし、TCP/IPの固定IPアドレスまで別々というのをすっかり見逃していたのです。

普通、ローカルネット上で、TCP/IPの固定IPアドレスがぶっかった場合のエラーはすぐわかるのですが、この一台のPCにおけるそうした不具合においては、エラーメッセージではまったくわからない状況でした。

でも、TCP/IPの固定IPアドレスを変更することで、エラーはなくなり、サーバーとの交信速度も速くなりました。

いろいろな試行錯誤してあちこちに問合せをしてもわからなかったのですが、
結局、自分でそれに気付いた次第です。

エラーメッセージも段々システムが複雑になるにつれて当てにならなくなりましたね。

by 大藪光政

|

景気が悪くても、ちゃんと仕事が入ってくる企業もありますね。

H222_004_2                

       [  光陽台3区のめずらしい小さなチューリップ ] 

この間、気が付いたらこの「今月のメッセージ」のブログが、正月からそのままであったのに気付きました。もう、三月の半ばですね。

今年は、公私とも二月からずっと忙しかったのです。

私が顧問をしている金属加工の企業も今年の3月から新規市場のお仕事が入ることになり、大変なことになりました。

二交代で工場を稼動させなければ生産が追いつかない状況を生み出しつつあります。

二月の初めの営業会議では、今年も売り上げが芳しくないから会議でも新規市場の開拓推進をテーマにしていたところで、その新規市場が現実的な受注となって行ったのです。

この会社の業種では自動車関連も住宅関連もご存知の通りさっぱりですから、売り上げは大きく下がっていましたが、市場に対して多様性をもって取組んでいましたから、ちょうど新幹線などのJR関連のインフラの大きな需要がありましたから、それでなんとか、過去五年間の売り上げが大きくダウンすることなく売り上げの減少を食い止めることが出来ています。

しかし、何事もいつまでも同じ市場が好況であるはずがありません。ですから、営業会議では、次の新規市場を狙っていました。

企業にとって、技術と生産力があっても顧客からの引き合いがなければ、仕事は取れません。そこで、プロモーションということが必要になってきますが、インターネットがある今日では、ホームページを充実しておけば、そうしたニーズを求めている顧客に対してはそれなりのアピール効果はあるようです。

今回の引き合いも、実は先方がホームページを見てアクセスしてきたのですから、やはり、大事なツールでしょう。

この会社のホームページは以前大手の或るホームページ会社が製作して管理していましたが、よろしくなかったので私が引き受けて作って管理いますが、大好評で、よく、知り合いから、マイテックとその会社のホームページとは比べ物にならないくらい、デザインや構成においてその会社の方がよく出来ているのは何故?と聞かれますが、そのときは、「紺屋の白袴ですよ。」と言って笑って誤魔化していますが、実は、以前にも他のブログで書いたように、ホームページというものは、その企業の規模に応じて作るのがベストだと思います。

そうしないと、そのホームページと会社の実態との乖離が大きくなってかえって信用をそこなうことになりますから要注意です。

さて、この企業に対しては、営業会議だけでなく製造会議も取りまとめ役(議長)をしていますから、いよいよ生産段階での問題克服に対する課題が山積みとなり、そうした社内のコンセンサスをきちんとアジャストしていますから大変です。

また、ISSを導入して標準化の取り組み ⇒ システム化の取り組み ⇒ 省力化、といったステップで業務の効率化を推進する為に 現在、WSHとVBと、そしてマイツールでの複合システムプログラムの構築をやっている最中です。

また、これらの本業とは別に、企業メセナとして、三月に福津市広報で授業料免除の無量育成塾 (無量⇒限りないと言う意味)の二期生の募集を募った為、これらの入試面接もおこなっており、これも一人一時間掛けての面接ですから大変時間を取られています。

とても忙しいのですが、四月には、ドイツを始めとしたヨーロッパ五カ国訪問も確定しており、忙しさに拍車を掛けそうです。

そう言う訳で、今月のメッセージは、今回、遅くなった2月、3月まとめ版ということになりました。

by 大藪光政

|

決算時期を迎えて思うこと・・・。

004

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に三月の半ばに近づいている。

弊社は2月締めの決算であるから、いつもだと早めにこの頃決算を済ませているが、今回は多忙で未着手です。しかし、税理士を通さず自前で決算をするからそれでも一般企業と違ってとても早い。これからの時代は、こうした決算もスピードとあまり無用な時間を掛けないことだと思います。

それは、ストレージの中に埋まっているデータを、税法に従って処理するだけだからです。他国は存じませんが、日本の税制はややこしい。だから年に一度の決算は、税理士さんの力をお借りしないとわからないことだらけで、一般企業にとっては自前では決算が困難です。

税務署に問い合わせても、問い合わせた内容がわかる専門官しか、答え切れない。だから、後で折り返しの電話となる。本当に困ったものだ。おまけに、担当官によって、税法の解釈が変わる場合も多々ある。

だから、税理士が良しとしたことでも、税務監査が入って当局から指摘されることは別に不思議なことではない。中小企業の場合、経営者が決算前になると、こうした決算に煩わされるのは企業にとってマイナスだと思います。

さて、最近感心するのは、大企業の戦略転換がかなりのスピードで行われていることです。それに対して中小企業の場合は、大企業のようなスピードで大胆な戦略修正を行っているところは、少ないようです。もともと戦略を持っていない企業もありますからそれを除いても大企業に後から追従している状況です。

特に、外注オンリーの企業は、そうならざるを得ないようです。中小企業の戦略変換の難しさは、資金力や情報力と、社員の危機感の脆弱さがあります。

経営者が必死になって、なんとかこの難局に取り組もうとしても、社員は自分の不遇を訴えるばかりで、建設的な意見を出さないばかりか、賛同すらしません。(賛同すれば仕事が増えるからでしょう。)

まったくをもって困ったものです。

さて、この擬似恐慌状況が、真性恐慌になるのか?今のところ誰にも見当がつきません。ただ、この状況下では、色々な淘汰が始まっているのは事実です。

売上が半減することが当たり前な状況下になったときに、業界はどうなるのか?

これが、ポイントです。親会社依存の外注先企業はバタバタ倒産するでしょうが、その影響で、競争のパイが絞られてきます。つまり、外注オンリーではない自主独立した企業は、減少化傾向がサチル時、生き残りきれば景気の回復と共に一挙に躍進するチャンスが生まれてきます。

だから、とにもかくにも、最低でもここ1~2年間、辛抱し切れば再びよみがえる機会があるのです。ひょっとすると、2~3年間を要するかもしれません。それも、あっという間でしょう。今は、社員教育と業務のプロセスを見直しする作業を重点にして、地道に明日にそなえて力を蓄えておく必要があります。

つまり、今は、企業力の充電期間と思えばよいのです。

|