« 管総理の政権延命について思うこと・・・ | トップページ | まだよくわからないドジョウ内閣? »

九州電力やらせメールの問題について

Web

[ ドイツ / ヴェルツブルグ-大聖堂にて ]

九州電力やらせメールの問題は、様々な波紋を呼んだようです。

まず、誰もが何でそこまでしなければならなかったのか?という、疑問を持っています。

そんなことをしなくても、あのテレビ討論会みたいな仕掛けの中で、反対意見がたとえ多くあっても、そんな意見が九州に住んでいる人々の多くの意志を代表しているとは誰しも思わないでしょう。

リベラルな考えの持ち主であれば、誰に聞いても佐賀の原発がすぐに危険とは思っていないし、福島の教訓を生かして安全対策を講じながら運転を再開し、まずは安定電力を供給しつつ、新しい代替エネルギーの検討を並行しておこなうことがベストだと思っています。

お陰で、玄海町と佐賀県はすっかり困ってしまったようです。

また、原発の再開に当たっては近隣である長崎県地域の一部が再開に対して異議をとなえようとしています。

それは、何も玄海町だけが危険ではなく、漁業に対する大きな影響を及ぼす恐れがあるからです。もっとも、危険な場所は玄海町なのですが、その為の見返りとしてお金や施設が手に入りますから、その天秤で誘致を決断したということでしょう。

もちろん、安全であるというのが大前提です。

ところが、そうであってもお金や施設が手に入らない地域には当然不満が残ります。「我々にも・・・」と言いたいところでしょうが・・・そうなってしまえば、タカリだと思われますから、やはり、安全性に問題があるし、万一の場合の補償はどうなるといったところを追及せざるを得ないでしょう。

いずれにしても、不公平はいけません。福島の場合も誘致の見返りがあったから原発を受け入れたのですが、そのつけとして、現在のような問題を抱えてしまいました。

これを今風の自己責任で片付けては困る問題なのですが、やはり、国とのそうしたまさかの時の確約が担保されていなかったところに双方に落ち度があるのです。

電力不足と騒いでいますが、ある大学教授が電力会社の電力生産能力を調べたところ原発がなくても充分電力を供給する能力を電力会社が持っていると言っています。

それでは、何故、電力会社不足になるといっているのか?

それは、大学教授の調査が間違っていなければ、原発以外で電力を賄おうとすると、経費が掛かりすぎて経営上苦しくなるということか、あるいは、実際の稼動においてそれだけの眠っている電力供給設備を稼動させることが困難であるかのどちらかでしょう。

テレビなどのマスコミは、しきりにこうしたことを取り上げて、番組のネタにしていますが、本当に原発を止めて、電力が足りないのであれば、お昼のピーク電力だけをなんとか都合すれば解決できる問題ですから、それはやろうと思えば簡単でしょう。

東日本大震災の時を思い出してください。

どのテレビのチャンネルもコマーシャルや番組の編成が急遽、改変されたことを!

どのチャンネルを廻しても、豪華な食い物の番組か?健康食品、健康維持の番組ばかりです。つまり、日本のテレビ番組は、本当にあきれてしまいます。ヨーロッパではこんな風にはテレビ放送をタレ流ししていません。

本当に堕落しています。

こんな番組を流すのを止めてお昼のピーク時は、どのチャンネルも国会中継のVTRでも流してしておけば、誰もテレビを必要以上に付けたりしないでしょう。

さて、九州電力やらせメール事件では誰が指示したのか?ということでも、問題となりましたが、それは、誰もがわかっていることでOnly One ですから、同族会社みたいなものです。仕方ないでしょう。上からの指示は絶対でそれに対して、たとえコンプライアンスに問題があっても反論は出来ないものです。

そんなことをしたら組織から排除されますから。

誰しも、不都合なことは隠したくなります。もちろん、そうした九州電力の組織の行動を批判している人も、自身に不都合なことをおおびらに公開したり、自己批判したりする莫迦がどこにいるでしょう。

ただ、公的な機関に近い組織ですからそうした人間の弱さに対して、なんらかの負帰還がないと、こうした方向に向かいます。現在の組織は正帰還Onlyですから、上からの指示をただ増幅するだけです。ですから、誤った「自己発振」でハウリングを起こすのです。

自動制御的に言えば、ネガティブなフィードバックが掛かる仕組みを作らないとこのようなことがくりかえし起こるでしょう。

それは、人間の根源的な弱さから来ているからです。

by  大藪光政

|

« 管総理の政権延命について思うこと・・・ | トップページ | まだよくわからないドジョウ内閣? »

今月のメッセージ」カテゴリの記事