« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

通販による自動車の任意保険を調べてみたら。

Web_622_71_2

  [ チェスキークルムロフ周辺市街地]

以前、保険の不払いで色々と保険会社が隠し不払い金がかなりあったので、国会でも問題になった。それで、保険会社が国会議員に対して、接待工作をしていたという記事もこの間出ていた。

その話も、いつの間にかうやむやになってしまった。

国民全員に対して不払いであれば、きっと、世論は騒ぎ立てるだろう。

しかし、その当事者のうち、関係する人自身が気付かぬような不払であれば怒ることもない。

だから、潜在的不払いは累計するともっと大きいだろう。

不払いにも色々あって保険会社の悪質な行為から、特約付保険に関する被保険者の知識不足から請求しないで起きる自己責任型不払いもある。

保険会社に言わせれば、後者を不払いというのはとんでもないとお叱りをうけるだろう。

後者には、保険会社の過失はない。

しかし、複雑な保険オプションを勧める保険会社に問題がある。

たまたま、私個人の自家用車で、通販に切り替えてコストを下げようか?とネットで検索して見積もりをしてみるときに、こうした、関係当事者にわかりにくい特約が幾つもあることに気付いた。

お勧めプラン、又は、安心プランなどというセット保険商品を、面倒だからよく調べもせずに「それにしょう!」と、決めてしまえば、きっと、不払い保険の落とし穴に嵌ることになる。

保険はすべて自己申告制ということが大前提ですから、事故における、怪我、損害はすべて保険会社に申告しなければならない。

それがなければ、怪我や損害に対する補償としての保険金は入って来ない。

相手を怪我させたり、損害を与えたりした場合は、ほっといても相手から請求が来るので必ず保険を使う手続きをすることになる。

ところが、自分の車ではなく他の人に乗せてもらった車での事故で、まさか、自分の保険で保険金がもらえるということに気付かない特約もある。

または、自分が歩行中に遭った事故でも自分の車保険から保険金がおりる特約に気付かず知らないことがある。

ひどいのになると、自宅で怪我したときも自分の車保険で保険金がもらえる特約もあるから、そうしたことを知っていなければ、保険料を払い込んだだけで、請求しないと保険会社が儲かることになる。

だから、自分が掛けている保険に関して大変疎い方は、如何なる場合も保険会社に適用となるか否かを問い合わせてみる必要があります。

もちろん、家族にもそのことをちゃんと教えておく必要があります。

つまり、死人に口無しですから。(笑)

事故で死んだとき、配偶者は、生命保険だけしか保険金がもらえないと信じているでしょう。まさか、あなたの自動車任意保険の中に特約付きの事項でそれが適用されるなんてまったく、夢にも思わないでしょう。

やはり、そうしたことも家族との会話できちんと話しておかないと、せっかく、おまかせ、安心、お勧め保険に高いお金を払ってももらい損ないます。

本当は、目的別に保険に入れば気付き損なうことはないのです。

オプションだから・・・追加料が安いから・・・と思ってついつい豪華な保険に加入してしまうのも考えものです。

by  大藪光政

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »