« 2010年、明けましておめでとうございます。 | トップページ | 渡欧の前に・・・ »

景気が悪くても、ちゃんと仕事が入ってくる企業もありますね。

H222_004_2                

       [  光陽台3区のめずらしい小さなチューリップ ] 

この間、気が付いたらこの「今月のメッセージ」のブログが、正月からそのままであったのに気付きました。もう、三月の半ばですね。

今年は、公私とも二月からずっと忙しかったのです。

私が顧問をしている金属加工の企業も今年の3月から新規市場のお仕事が入ることになり、大変なことになりました。

二交代で工場を稼動させなければ生産が追いつかない状況を生み出しつつあります。

二月の初めの営業会議では、今年も売り上げが芳しくないから会議でも新規市場の開拓推進をテーマにしていたところで、その新規市場が現実的な受注となって行ったのです。

この会社の業種では自動車関連も住宅関連もご存知の通りさっぱりですから、売り上げは大きく下がっていましたが、市場に対して多様性をもって取組んでいましたから、ちょうど新幹線などのJR関連のインフラの大きな需要がありましたから、それでなんとか、過去五年間の売り上げが大きくダウンすることなく売り上げの減少を食い止めることが出来ています。

しかし、何事もいつまでも同じ市場が好況であるはずがありません。ですから、営業会議では、次の新規市場を狙っていました。

企業にとって、技術と生産力があっても顧客からの引き合いがなければ、仕事は取れません。そこで、プロモーションということが必要になってきますが、インターネットがある今日では、ホームページを充実しておけば、そうしたニーズを求めている顧客に対してはそれなりのアピール効果はあるようです。

今回の引き合いも、実は先方がホームページを見てアクセスしてきたのですから、やはり、大事なツールでしょう。

この会社のホームページは以前大手の或るホームページ会社が製作して管理していましたが、よろしくなかったので私が引き受けて作って管理いますが、大好評で、よく、知り合いから、マイテックとその会社のホームページとは比べ物にならないくらい、デザインや構成においてその会社の方がよく出来ているのは何故?と聞かれますが、そのときは、「紺屋の白袴ですよ。」と言って笑って誤魔化していますが、実は、以前にも他のブログで書いたように、ホームページというものは、その企業の規模に応じて作るのがベストだと思います。

そうしないと、そのホームページと会社の実態との乖離が大きくなってかえって信用をそこなうことになりますから要注意です。

さて、この企業に対しては、営業会議だけでなく製造会議も取りまとめ役(議長)をしていますから、いよいよ生産段階での問題克服に対する課題が山積みとなり、そうした社内のコンセンサスをきちんとアジャストしていますから大変です。

また、ISSを導入して標準化の取り組み ⇒ システム化の取り組み ⇒ 省力化、といったステップで業務の効率化を推進する為に 現在、WSHとVBと、そしてマイツールでの複合システムプログラムの構築をやっている最中です。

また、これらの本業とは別に、企業メセナとして、三月に福津市広報で授業料免除の無量育成塾 (無量⇒限りないと言う意味)の二期生の募集を募った為、これらの入試面接もおこなっており、これも一人一時間掛けての面接ですから大変時間を取られています。

とても忙しいのですが、四月には、ドイツを始めとしたヨーロッパ五カ国訪問も確定しており、忙しさに拍車を掛けそうです。

そう言う訳で、今月のメッセージは、今回、遅くなった2月、3月まとめ版ということになりました。

by 大藪光政

|

« 2010年、明けましておめでとうございます。 | トップページ | 渡欧の前に・・・ »

仕事」カテゴリの記事